FC2ブログ

「サラリーマンこそ自分株式会社を作りなさい」を読んで

■著者:吉川 瑛一

■読了日:2016/7/10

■習慣化したい行動

■習慣化したい考え方
 ・成功するために必要なもっとも大切なことは十分な自己資金を貯めること。
 ・複数の収入源を持つ
 ・儲かっているうちにいろいろな仕事にチャレンジして、次の収益源を確保しておく
 ・頼んでもいないのに向こうからやってくる話はたいていマユツバもの
 ・会社の資産は売却しやすいものしか持たない
 ・資産は持ち続けるものではなく、効率の良いものに常に変えていくべき
 ・私たちはこんなに経済的に豊かで、しかも世界でも類を見ない安全な国に偶然にも住んでいる。

■参考になったこと
 ・個人は増税、法人は減税
 ・「自分株式会社」を作る最大のメリットは、自分に役員報酬をたくさん払って
  法人税をゼロにできること。
 ・いざ独立するとなると、一人では不安なため仕事のできる気の合う仲間を誘いがちですが、
  これはかなり高い確率で失敗します。
  役員は自分一人だけがベスト
 ・従業員として働くということは、時間的自由と経済的自由と好きなところに住む自由を
  あきらめる決断をしたのです。最低限の安定と引き換えに、ほとんどの自由を犠牲にして
  人生の大半を過ごすわけですから、どんな会社に転職しようが大差ありません。
 ・物心ついてから大人になるまで良き組織人としていかに振る舞うかに
  重点を置いた教育しか受けていないのです。
 ・資本金は、設立から半年程度の運転式を目安に資本金の額を設定するのがいい。
 ・株式市場の格言:国策には逆らうな
  政府方針には逆らわず、積極的に利用できるものは利用すべき
 ・小規模企業共済
  掛け金が課税所得から全額控除される制度
  経営者のための退職金積立制度
 ・住宅こそ会社に買ってもらい、役員社宅として
  社長に貸し出せばいい。
 ・法人化のデメリット
  設立費用と一定の維持費用が必要
  登記費用や定款認証、印鑑など 24万
  法人住民税の均等割分 7万円/年
 ・失敗しないためにまずやるべきこと
  少なくとも1年分の生活費を貯金する
  相当余裕が出るまでは、サラリーマンとの二足のわらじを履いて頑張るべき
  
■感想
 不動産投資のストックビジネスで基礎を築き、
 不動産屋さんでのフロービジネスも展開し、
 サラリーマンを卒業された著者の本。
 
 起業することで、支出の経費化が図れ節税しながら
 経営感覚が磨かれると述べている。
 
 この本を読んで、すぐに会社を起こしたくなった。
 そんなはやる気持ちを抑えて、ちゃんとデメリットを理解した上で
 実行すべきと説いている。
 
 直近では法人設立の手数料が発生するし、
 活動をしていなくても法人所得税が発生する。
 
 これらを加味しても利益が出るからすぐに実行する。
 特に、住宅を会社に買ってもらうということをやりたい。
 
 他にも国策には逆らうなという格言が参考になった。
 この言葉を聞いて思ったことは、
 自分のコントロール出来ることに注力する必要があるということ。
 国策を自分で変えることはできない。だったら逆らわずに
 十分に理解して、活用する方法を考えたほうが有益だ。
 
 起業を少しでも考えているサラリーマンには参考になることが
 たくさん盛り込まれていた。
 




テーマ: 読んだ本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する